LCCのメリットとは?大手航空会社との違いを比較

- 大手航空会社とLCCのチケット購入を比較

大手航空会社とLCCのチケット購入を比較

LCCで格安航空券のメリットを享受するには、ただ普通に購入するだけでは不十分です。
そもそも、格安航空会社は普及し始めたばかりなので、どこでどのように購入すればいいのか、初心者にとって分かりにくい部分もあるでしょう。
当サイトでは、「航空チケットの購入手続きが良く分からない」「大手には慣れているけど、LCCでのチケットの入手方法が分からない」といった初めての人向けの基礎知識から攻略法までをまとめました。


大手とのチケット購入場所の違いとは?

大手航空券は、旅行代理店のツアーパックからでも購入できます。
しかしLCCでは一部の販売店を除いて公式サイトからのオンライン購入が基本です。
オンライン購入に慣れていない人でもスムーズにチケットが発券できるように、当サイトで基本的な流れや決済方法についても触れていきます。
ちなみにコールセンターでの予約を受け付けている場合もありますが、こちらは手数料がかさむのでおすすめはできません。

サポート体制は万全か?

チケット購入のやり方が良く分からなければ、トラブルや失敗を防ぐためにサポートセンターへの相談ができたほうが安心ですね。
海外のローコストキャリアだと、日本語での対応が行き届いておらず問い合わせで苦労する欠点がありますが、国内の主要な会社であればその点でもほとんど問題はありません。
わざわざ電話をかけて問い合わせなくても、メールやチャットで迅速かつ丁寧な対応を行ってくれる会社もあります。

キャンセルや予定の変更の際は要注意!

ローコストキャリアのチケット料金は、激安に設定されている代わりに、キャンセルや変更の融通が利きにくい欠点があります。
大手でチケットをキャンセル手続きしたときと比較して、キャンセル料金が割高で、払い戻しも少なくなってしまうのです。
格安航空券を購入する前には、旅行の日程が確実になってからの方が損をしません。

会社によっては、通常のチケットを少し高めに設定する代わりに、変更・キャンセルが無料で柔軟に対応できるプランを用意しているところがあります。
少しでも旅行計画に変更の可能性があるときは、少し割高になっても保証つきのプランの方が安心できるでしょう。

オプション料金の比較

大手の航空会社では、機内サービスがほとんど無料で利用できるのですが、格安航空会社では基本的にすべてオプション料金が発生するのも知っておきましょう。
このため、サービスの質を求めると期待外れになりますが、会社によっては有料でなくとも十分快適なフライトを享受できるところも登場しています。

また、座席ごとに大きな違いはありませんが、オプション料金を払って良い席を指定しておくと、意外とゆったり座れるし乗り心地も悪くないと言えるでしょう。
座席指定のオプション料金はそんなに高くは無いので、複数人の旅行なら座席指定をして固まっていたほうがフライト中も楽しくなるのではないかと思います。

ポイントやマイレージはたまりやすいのか?

頻繁に航空機を利用している人だと、マイレージやポイントがどのくらい溜まりやすいかも、気になるところですね。
大手航空会社ではマイレージが溜まりやすいというメリットがありますが、ローコストキャリアでは現時点では決してポイント制が充実しているとは言えません。

ポイントが付きやすいクレジットカードを決済に利用したり、会社ごとにマイレージ制度が用意されているところを選ぶといった方法なら、少しでもお得にできるでしょう。
特定の会社にお世話になる機会が多い場合、その会社にマイレージサービスや独自のカードが用意されているなら、ぜひ入会しておきましょう。

まとめ

格安航空会社からのチケット購入も、オンラインサービスやサポートを利用すれば簡単かつ安心ですし、すぐに慣れていきます。
オプション料金や保証内容、手数料、マイレージの溜まりやすさといった面では、まだまだ大手に劣っているところが多いともいえます。
しかし、自分でトラブルに備えて準備をしておけばその欠点やリスクは十分に抑えられますし、会社によっては大手と同等レベルまで改善も進められています。

旅行の機会が多い人なら特に、その欠点よりもローコストキャリアで得られるメリットの方が大きくなるのは間違いありません。
当サイトでは、お得なチケットの購入方法のアドバイスによって、もっと気軽に旅を楽しむお手伝いができれば幸いです。